電光掲示板と給気口について

 

こんにちは★

寒い日が続きますね。

インフルエンザが流行しているようなので、乾燥には要注意です!

 

さて、当社に看板アイテムを投入しました!

 

ザ・電光掲示板です↓↓

 

01

 

流山街道沿いに2台設置しました!

流山市街から来ても、野田から来ても見ることができます。

当社の情報発信の拠点となります。

通りかかりの際は是非とも信号待ちをして頂き(笑)、眺めて頂きたいと思います♪

 

 

話は変わり、お部屋に取り付けている給気口のお手入れ方法をご紹介します。

点検で回らせていただくのですが、皆様この給気口のお手入れについて、あまり理解されていない様なんです。

本来私どもから丁寧にご説明差し上げれば良いのですが、この場を借りて簡単に説明させていただきます。

 

当社で建築されたお客様のお宅には、各室に1箇所ずつ、このような給気口が付いていると思います↓

 

02

 

これは下図の要領ではずれます。

 

03

 

コツは

①上から下へグッと押さえながら、

②下部を手前に引っ張ることです!

 

はずしたらフィルターを取り出してください。

外から吸い込んだ砂埃で汚れている場合があります。

洗って再利用できますが、フィルターがクタクタになったり、目詰まりしたら交換してください。

 

04

 

フィルターをお手入れしたら元に戻して完了です。

年に一度くらいは見ていただきたいですね。

 

 

冬は寒いからと言って、給気口を閉じてしまう方がいらっしゃいますが、

室内の換気を妨げると結露しやすくなります。

無理のない範囲で開けて置いてくださいね。

 

また、これから花粉の季節がやってきますね。

当社のOB様で花粉症のO様は、自作のフィルターで花粉対策しておられます↓

 

05

 

φ100の塩ビ管の中に4重のフィルターを重ねています。

魚の水槽などで水質のろ過に使われる材料をホームセンターで揃えて作ったそうです。

これなら外からの臭い対策にもなりそうですね!

意識の高さに驚きました!

 

当社の家は使い方次第でしっかり快適に過ごせます。

今後も有用な情報をお届けしていきます♪

 
 

流山市の注文住宅はCLE総合研究所まで。
お問い合わせはこちら

あわせて読みたい