夏、エアコン無しで生活する方法とは(呉太郎ブログより)

とっても性能の万全の家でも、夏の過ごし方は住まい方ひとつで、

生活環境がだいぶ変わります。

昨年は、定期点検にうかがっていると

 

「今年の夏はエアコンをほとんど使わなかったよ」というお声をたくさん頂きました。

逆に「いやー、暑かったよ」というお声を頂くこともしばしだったのですが、

「暑くて・・・」といわれる方々の共通点が、
1. 吹き抜けのプロペラを回してしまっている

2. 日差し除け対策がされていない
といった要素が見受けられたので、少しでもご参考になればと思い

上手に生活されている方々の知恵を紹介させて頂きますね。
( 地域環境やお家の大きさや間取りにもよるのですべてのお家がエアコンなしで生活ができるというわけではありませんのでご理解ください)

 

[  夏の暑さ対策のPOINTは2つ!! ]
① まず、プロペラを止めて、風を通して暑い空気を抜くように意識してください

 

いつも言いますが、風が入る窓を意識し、できるだけ高低差を利用した風の抜き方を

されることがGOODとされます

 


どうしてもエアコンで生活する場合でも、2階や小屋階の窓を開けて、

 

夕方、少しでも頭の風を抜いてあげると、夜比較的涼しく過ごすことができます。

(これをしないと、太陽が沈んだ後も天井から遠赤外線のように部屋を暖め続ける熱が放射されます)

 

②日差し除け対策として、すだれやカーテン・ブラインドをしっかり機能させることをお勧めします

 

すだれやカーテンはおすすめですが、風を通すとなるとやはりシェードをおすすめします。

まずは、南側の大きい窓につけることをおすすめします。

( もし、吹き抜け上部に窓がある場合はふさぐことをおすすめしますが、

難しい場合は遮熱フィルムをつけると良いです。)
先日、OBのF様が自作で取り付けていた、セルフシェードは本当にGOODでしたので、ご紹介させて頂きます。

 

[シェードセイルのDIY]

↓約1万円~2万円で取り付け可能です

01

このような日差し除けを上手に使うだけでも、

お部屋の中への焼けるような日差しをカットして、

さらに朝に水打ちなどをして、涼しい風を通せば、

気持ちよく、

お子様やご家族様の健康にも抜群に良い影響を

与えるようです。

用意するもの

 

単管パイプ 42.7mm×4M  - 1500円×2

VPパイプ50mm × 1M   -   550円×2

丸管ボルト           -    80円×2

ナットM8             -   16円×2

バンジーゴム            -   592円×4

参考HP→ マイ巣舞さんのブログ から→ http://nagi-house.blog.so-net.ne.jp/2010-08-26

 

取り外しや高さ調整も可能です。

これ、ひとつで、劇的に生活環境が変わると思いますので、

ぜひ、チャレンジしてみてください。

 

シェードセイルの販売しているHP参考→ http://www.rakuten.co.jp/ex-extem/

 

【呉太郎ブログより】

http://ameblo.jp/cle-souken/entry-11509339567.html

You may also like...