住み継ぐ①

★☆このブログは、流山市、野田市、柏市、松戸市、我孫子市のエコハウス注文住宅、CLE総合研究所が提供致します☆★

 

現在のお住まいを今後どのようにしていくか、お考えでしょうか?                      お子様は引き継いでくれますか?売却・処分する方法はお考えでしょうか?

住まい手がいなく、管理されず放置された空き家の問題がいまや社会問題となっています。この問題は、本質的には現代の日本の住宅に対する考え方が引き起こした問題であり、この考え方を改めない限り問題解決はあり得ません。

この問題について考えていきます。

住宅・土地統計調査/総務省

 

1.空き家の増加問題の現状と課題
日本の空き家率は、戦後一貫して右肩上がりに上昇し続けてきました。これは他国にはない日本の特長です。平成25年の全国の空き家率は13.5%にも上ります。実に全住宅の7戸に1戸が空き家であるという統計結果です。
なぜこんなにも日本の空き家は増えてしまったのでしょうか。

高度経済成長期に建てられた住宅が築後50年以上となっています。それまで住んでいた人、つまり親の世代が亡くなった場合、お子様などの引き継ぐ方が居れば問題の空き家とはなりません。しかし、核家族化が進展し子供は子供で家を持っていて、それを引き継がないという状況が多くなっています。また高度経済成長期に建てられた家は質が悪いものが多く、耐震基準も満たしていないため、リフォームをするにも多大な費用が掛ってしまいます。これらの問題により、引き継がれず、悪い場合には放置されてしまうケースが増えているのが現状です。

PAK160323060I9A4825_TP_Vひと口に空き家といっても色々の類型のものがありますが、問題を抱えているのは主に放置されている住宅です。管理されないまま5年、10年と経ち、物件の状態が悪くなり、管理も行き届かなくなると、劣化して外壁が崩れたり、台風で屋根が飛んだり、不審者が侵入したり、放火されてボヤが起きたり、ゴミなどが不法投棄されたり、景観が悪化したりするなどの様々な問題を発生させます。最近では街中でも散見され、空き家の問題が実感される様にもなってきました。

空き家がこれほどまでに問題化されているのは日本人特有の住宅観が背後にあります。

 

次回、住み継ぐ②では、日本人の住宅観について迫ります。

■参考文献
『空き家(マンション)対策の自治体政策体系化/地域科学研究会編(2015年)』

★☆このブログは、流山市、野田市、柏市、松戸市、我孫子市のエコハウス注文住宅、CLE総合研究所が提供致しました☆★

You may also like...