箱根と自然と組木

こんにちは、先日休みをもらい箱根の強羅にいってきました。

山も緑も空気も澄み渡っていて、本当に気持ちよかったです。

朝、早起きをして散歩をしていると、何か街並みも周囲の風景

に溶け込んでおり、本当に落ち着く感じがしました。

 

 

何が違うのかな?と注意してみると、ひとつひとつの建物の周囲には

木々や緑がよく考えて配置してあることに気づきました。

建物だけでなく、周辺が駐車場やコンクリートだけというシチュエーションの場合と

ところどころにバランスを考えて木々が生えていることのイメージをしてみると

やっぱり、植栽や石など自然を空間にどう織りこむのかが

人の感じ方には大きく影響するものなんだと強く感じました。

 

 

帰りには強羅温泉にゆったりとつかり、

お土産には組木の箱を買いました。

組木は職人さんがひとつひとつ丁寧に木を組こむ方法で

いろいろな木工品を作成するもので、昔は床にも使われたものです。

この感動を話せばまた長くなってしまうので、

またの機会に!

 

 

CLE総合研究所 呉太郎

o0400022511440085689o0400022511440085690

You may also like...