流山市、野田市、柏市を拠点に土地探しから注文住宅まであなたの住環境をつくります



TOP家づくりお役立ち情報 > 雨水利用とゴミ削減

家づくりお役立ち情報

家づくり、住環境づくりに役立つ情報を定期的に配信しています。

雨水利用とごみ削減

ディスポーサー

雨水をためて生活に利用したり、生ゴミ削減も検討課題

年間降水量が豊富な日本ですが、最近は水不足もしばしば起きています。 雨水をためてさまざまな用途に使う方法を考えて見ましょう。

飲料にはろ過や消毒などの処理が必要ですが、トイレの戦場や戦車、庭への散水などはほぼ無処理で利用できます。 ただ最近では酸性雨などの水質のもんだいもあり、トイレや選択に利用する場合は設備機器の耐久性を下げる恐れもあります。用途によっては降り始めの雨水をカットする装置などが必要になるでしょう。

最近は資源の再利用かも進んできましたが、リサイクルにもエネルギーや手間がかかります。 ゴミを捨てる前に、「ゴミを減らす暮らし方」を工夫するのが先決でしょう。

ディスポーサー

ディスポーサーのしくみ

家庭内でのゴミを減らす方法は様々です。身近なものでは生ゴミを堆肥化するコンポストや、電動の生ゴミ処理機があります。生ゴミを粉砕して流動化し、配水管に流すのがディスポーザーです。

下水処理機説などの負担がもっと増えるため、使用を望まない自治体も多かったのですが、最近では導入を促進する動きも進んでいます。これらは自治体から助成金が出る場合もあるので確認してみましょう。


生ゴミとは

分別化の進んだ今日でも、家庭ごみの約50%を締め、量が多いだけではなく、焼却場燃焼温度を下げてしまうので、ダイオキシンなどの有害化学物質の発生を助長するゴミです。

ページ
トップ