流山市、野田市、柏市を拠点に土地探しから注文住宅まであなたの住環境をつくります



TOP家づくりお役立ち情報 > 羽目板が割れたり反ったりする理由

家づくりお役立ち情報

家づくり、住環境づくりに役立つ情報を定期的に配信しています。

羽目板が割れたり反ったりする理由

私たちは無垢の木を使った家をオススメしています。

無垢の木が割れたり反ったりすることを知っていてちょっと嫌だなと思っている方もいるのではないでしょうか。 この木の割れや反りは、基本的に繊維に添って発生ので、建材として仕様とした時、さほどこの割れや反りは影響しません。建材として利用される木は繊維方向をかみ合わせて、耐久率を高める形で構造を組むので強度には問題はありません。

木が変形する本当の理由

含水率

そもそも何故木は割れたり添ったりするのでしょうか。 含水率や乾燥のせいだと思っている人がいるのではないでしょうか? 実は木が反る理由は、木の成長の収縮率というものに関わっています。

木を水平に切ったとき、断面図には、年輪が中央から放射方向に輪を作っています。

この年輪の一番内側を「放射方向」

一番外側を「接線方向」として見たとき、

接線方向は放射方向の2倍の収縮率を持っています。


なので、板目の板を何処から切り取っても、必ず木表のほうが着裏よりも収縮率が高くなり、曲がりやすくなってしまうのです。

呉太郎ブログでもっと詳しい説明を載せています!→『柱にヒビが!?・・・大丈夫?

ページ
トップ