流山市、野田市、柏市を拠点に土地探しから注文住宅まであなたの住環境をつくります



TOP家づくりお役立ち情報 > 消費増税は暮らしを見直すきっかけに

家づくりお役立ち情報

家づくり、住環境づくりに役立つ情報を定期的に配信しています。

消費増税は暮らしを見直すきっかけに

2014年4月に現在の5%→8%に引き上げ、2015年10月に8%→10%に引き上げが実施される予定の消費税。

これにより私たちの暮らしはどう変わるのでしょうか。

増税によりますます家計が苦しくなる?

「ただでさえ不景気で、なかなか所得が増えない中、増税でますます家計が苦しくなる・・・」 そう思われる方も多いはず。

消費税が10%になったときの年収別の年間負担増は、世帯年収250万円未満だと、11万7565円。同400万~450万円だと、11万7274円。同600万~650万円だと、15万6559円 になるだろうと予想されています。(第一生命経済研究所試算)

なぜ増税が行われようとしているのか?

「少子高齢化で増大する社会保障費の財源確保や、国の財政赤字解消のため」だと言われています。 果たして増税することでそれらの問題が本当に解決するのでしょうか?様々な意見が交わされています。

増税が住宅購入に与える影響は?

家づくりを考えている方にとっても、この増税は無視できない問題。 通常、注文住宅で家を建てるには半年~1年半くらい期間が必要になります。 新税率施行日以降、引渡しを受ける住宅は新たな税率が適用されるので注意が必要です。

ただし、注文住宅など請負契約を行う住宅に関しては、新税率施行の半年前までに請負契約を締結した場合には、旧税率が適用される経過措置期間がとられています。

例えば、2013年9月に請負契約を結び、2014年4月以降に引き渡しになった場合は、増税前の税率(5%)が適用されます。しかし、2013年10月に請負契約を結び、2014年4月以降の引渡しになった場合は、増税後の税率(8%)が適用されるので注意が必要です。

土地代金に消費税は掛からない!

消費税が課税対象になる主なものは建築費で、実は土地代金には消費税は掛かりません。しかし、土地の造成費や地盤調査費、不動産会社の仲介手数料、金融機関の融資手数料は課税対象になります。

増税だからと焦らず、これをきっかけに暮らしを見直して

増税前に住宅を買った方がお得なのか?お得ではないのか?

そんな議論が交わされていますが、ただ、「増税する前に買っておこう」という理由で住宅を購入するのはおすすめできません。

住宅ローン減税の延長を、期限が切れる2013年末から4年間延長することも決まり、今後も優遇措置が拡充する可能性もあります。

この増税をきっかけに、これまでの暮らしを見直し、何にお金を使って、どう生活してきたのか?そして、これからどんな生活をしていきたいのか?どんなライフプラン、マネープランを描いているのか?などをじっくり考えて、住宅購入を決めて欲しいと思います。

ページ
トップ