流山市、野田市、柏市、松戸市、我孫子市を拠点に土地探しから注文住宅まであなたの住環境をつくります


TOP家づくりへの想いCLEの伝えたいこと > 変わるしつらい

変わるしつらい

より良い室内空間をつくるうえで大切なこと

暮らしに本当に必要なものを選び、整理する

かつての裕福層の生活の道具や衣装や文書を保管した【蔵】でそれらの収蔵品は現代生活の実用にならないとしても美術品、工芸品、学術資料として大きな意味を持ちます。蔵をつくる人間の歴史を学び、それを元に「喜ばしい生活のシステムづくり」とは何かを考えてみましょう。

非個性化する?日本の家庭

家庭こそ個性を発揮できる場所

現代の家庭が非個性しているといわれていますが、果たして本当にそうでしょうか?確かに住宅のサイズや家電製品、家具などの画一化が進み、個性が失われているようにも見えます。しかし、そこに暮らす家族がそれらをいかに使いこなし、生かしているのかが重要なのではないでしょうか。画一化されていく現代社会の中で、家族内こそもっとも個性を発揮することができる場といえます。

家庭内での個性が尊重される現代

現代人の生活様式が画一化し、非個性化したといっても、まだまだ家族、家庭については個性が尊重され、重視されています。生活感覚をミクロで見てみると、とても繊細で、きめの細かい個人の感性が生かされ、豊かに実現されているのではないでしょうか。

欠けた美的感覚、センスを磨く

現代の日本人は非個性化しているというよりもむしろ、美的感覚が欠けているというほうが適切なのかもしれません。生活の中に「美」を見出せる力を身につければ、もっと暮らしは豊かになるはずです。

増えすぎたモノを収納し、心にゆとりを

便利な世の中になり、モノが増えてしまい、家族の中にはモノが溢れかえっています。昔の住まいにはモノが少ないうえに隠す収納も豊富でしたが、今はモノを収めることができず、室内に露呈させてしまっています。

しかし、今でも収納がないわけではありません。心がけ次第で整理することはできるはずです。モノが溢れている社会の中で、人の心は変わってしまっていないでしょうか?今こそ“しつらい”を重んじる心が必要とされています。

子ども部屋がなかった時代

昔の家には子ども部屋というものはありませんでした。子どもは必要に応じて、家のあちらこちらへと勉強机と本棚、布団を運び、変わる景色を楽しみ、感性を磨きながら成長していきました。そのためには容易に運べる大きさの道具と、行き来が出来る空間が必要でした。

子ども部屋は本当に必要?

見直されつつある子育て空間

しかし今、子ども部屋のある家づくりが見直されつつあります。子ども部屋をつくるのではなく、キッチンのそばに勉強ができる一角をつくるなど、親とのコミュニケーションが図れる空間づくりが必要とされています。子育てで考慮すべきは「巣づくり」ではなく「巣立たせること」なのではないでしょうか

人と交流の重要性

玄関、縁側、客間…。人をもてなし、招く場所を日本人は家に求めました。心を通わせる美しさを現代に引き継ぐために、人との交流を生み出すスペースをつくることが大切です。

家の個性を楽しむ、しつらい

床の間、らんま、火打ち、無双窓など、しつらいは家を意識させ、そこで暮らし、生活していこうとする「心」を住まう人にもたらします。

心癒す家族との団欒

現代問題にすり減らされた文化は孤食と孤独を生み、家の大切な空間や時間をなくしてしまいます。そんな時代に必要なのは家族全員が集まる団欒。人に安心感や情緒を生み出します。

空間をつなげ、人と人との心をつなげる

吹抜けや格子廊下など、空間を完全に仕切らずいくらかつなげることで、住む人は心と体、両方の距離を感じることができます。

想像力を生む美の世界

障子に映る影、それは時と共に変化していく絵画です。障子はプライバシーを保つ手段としては不十分かもしれませんが、想像力を働かせる楽しみが増えます。そこには現実を越えた一種の美の世界が展開しています。

労働した後の十分な休養や、健康的な生活を、人は送らなければなりません。そのためには室内空間の見直しが必要です。ここで生活し、命を育み、成長できるのか、モノや不自由な空間に体も心も蝕まれていないか。どんな生活でも人の心を整理し、いい方向へ動かす空間は必要です。身近なしつらいは当たり前のようで、一番大切な、考えるべきところなのです。勿論、外に出ることも大切です。自然とふれあい、家族や友人と交流し、自己を向上させるなど、室内だけが人間らしさを作る要因ではありません。しつらいを整えることで、人間らしく健康的で、やりたい事ができ、ストレスのない生活を送ることができるはずです。

使いながら保存し、住み継がれていく

建築家のF・L・ライトが手がけた自由学園明日館。木製でひとつひとつ手づくりということもあって、建物全体から人の想いや温かみが感じられます。館内は文化財建築の「動態保存」を目標としているため、現在でも使いやすいように改造されています。古くて使いにくいのは仕方がないというのではなく、使いながら保存することで、有機的な文化財の継承がなされています。