流山市、野田市、柏市、松戸市、我孫子市を拠点にした自然素材の自由設計注文住宅はCLE総合研究所



TOPCLEの特長 > 木造軸組工法

CLEの特長

木造軸組工法

日本の気候・風土に最も適した注文住宅は、木造軸組工法で建てられた注文住宅です。光や風、樹木や草花から四季の変化を感じとる日本人の繊細な感性に、最も自然に近い木の家がマッチしているからだと言えます。木造軸組工法は、昔から伝わる伝統工法で、在来工法(オープン工法)とも呼ばれます。CLEの家もこの木造軸組工法が基本です。

木造軸組工法の秘密

  • しなやか

  • たくましい

  • 進化する

  • 熱に強い

  • 生き続ける

木造軸組工法の家は、しなやか。だから、地震に強い。

木材は、伐られた後に圧縮や引っ張り、曲げなどの強度が増していくのが特徴。これは、鉄やコンクリートなどのように新しい時が一番強く、時間が経つに伴って弱くなり、性能も低下する無機質な素材との最も大きな違いです。

しなやかな住宅

耐力壁の量と配置で耐震性を強化。

地震や強風から住宅を守るのが耐力壁。たすき掛け筋かい入り壁は、土塗り壁の10倍の強さがあります。耐力壁をバランスよく適切に配置することによって、耐震性は飛躍的に高まります。CLEは建築基準法で定められた耐力壁の2倍以上の強さを標準仕様にしています。

耐震住宅

増改築も自由自在。
ライフステージに合わせて空間を無駄なく活用

子どもの誕生、進学、就職、結婚と、家族とともに変化する暮らし。この変化に柔軟に対応できるのも、快適な住宅の条件。木造軸組工法は自由自在に増改築できるのが大きな特徴です。

自由自在な住宅

木造軸組工法の家は、たくましい。だから、安心の耐震性。

関東大震災や宮城沖地震などの経験をもとに、そのつど基準を見直し改正を重ね、耐震性を強化してきた建築基準法。この基準に基づいて建築される木造軸組工法の家は、安心の耐震性能を備えています。

たくましい住宅

接合部分は構造用金物でしっかり緊結

土台と柱、柱と梁桁、土台と火打ち、筋かいなど接合部分が強くしっかりジョイントされていることも強さのポイント。伝統の工法に先進の技術をプラスして、耐震性・耐久性をさらに高めています。

木造軸組工法の家は、進化する。だから、最新の耐震技術が生かせる。

木造軸組工法の家は入念な地盤調査に基づいて設計されます。阪神大震災でも地盤を補強して倒壊をまぬがれた例があるように、家づくりに地盤調査は不可欠です。また、頑丈な基礎や、防腐・防蟻対策、乾燥や通風など、最新の技術を柔軟に取り入れることによって半永久的に長持ちするのが木造軸組工法の家なのです。

入念な地盤調査、適切な地盤補強を実施。鉄筋入りの頑丈なベタ基礎を採用。

地盤の強さは地耐力で表され、地耐力5t/㎡以上なら「良好な地盤」、3~5t/㎡はやや不充分、3t/㎡以下は軟弱地盤といわれています。この度合によって地盤改良や基礎杭を施したり、基礎補強するなど適切に地盤補強を行います。また、CLEの家の基礎は、外壁や内部の壁下に連続して設けた鉄筋コンクリートのベタ基礎を採用し、住宅をガッチリ支えてます。

進化する木造住宅

木造軸組工法の家は、熱に強い。だから、万が一の火災にも住む人の安全を守る。

木は燃えます。しかし、表面は燃えますが、中までパッと燃えてしまうわけではありません。金属類はある温度に達すると、急に軟らかくなったり、融けたりしますが、木材はだんだん断面が減っていくという燃え方をします。木は、太く、厚く、大きくすれば燃えにくくなるのです。

断面の大きい木材は表面は焦げても内部はしっかり。

木はある程度以上の厚さがあれば、表面が焦げるだけでそれ以上はなかなか燃えません。表面の炭化層が断熱材の役割を果たすため、内部の水が熱分解して可燃性ガスが発生するのを防ぐからです。木は燃えにくく、加熱しても長時間強度を保ちます。鉄は、熱が加わると急速に強度が低下し、変形しやすくなり、重い屋根を支える柱や梁はぐにゃりと曲がってしまいます。木造軸組工法の家は万が一の火災でも非難時間を充分確保でき人命を守ります。

火に強い木造住宅

木造軸組工法の家は、生き続ける。だから、人を優しく包む。

鉄やコンクリートと違って、木の強さは伐った後でも続くのが特徴。檜は伐られてから200~300年の間は強さがじりじり増して2~3割も上昇します。その後強度はゆっくり下降線をたどりますが、1300年たった法隆寺の古材は、それでもまだ、新しい木材と同じくらいの強さがあります。

自然材料だから五感にやさしく疲労が少ない。

木造軸組工法の家の主要素材である木は、自然が生み出した建築材。紫外線の呼吸率が高く目にやさしい。また木の床は適度な弾力もあり、衝撃を吸収するので膝を痛めません。さらに感触がよく断熱性が高いので肌触りがよいなど、木は様々な特質を持っています。木造軸組工法の家は、強く耐久性に優れていることはもちろん、光や音をやさしく受け止め、人に心地よい住環境をつくります。

自然素材は生き続ける
自然素材の木造住宅
ページ
トップ