TOP建築ストーリー > 柏市T様邸「五感をよび戻す家」

五感をよび戻す家

Consept

今、社会は深い病にかかりつつあります。画一化する住宅。20~30年で価値ゼロの家。そこで育った子どもたちが大人になり今の社会を引き継ぐ。情報化が進み、生活、経済、社会構造の合理化が急速に進んでいます。情報化、合理化社会は、人の五感を退化させ、人間の機能や感情能力を衰退させてしまいます。地球を壊し、家族の絆を細め、日本の文化を失い、やがて日本の存在も危うくさせてしまう。こうした「負の社会」を正しい方向に変えるためには失われつつある「五感」を取り戻す住環境の形成が最重要課題です。人間にとってすべての基本となる「視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚」の五感を取り戻すための機能と、性能を持つ住空間の形成を具現化しました。

□土地探し □住み替え □設計 □新築
竣工:平成20年11月
千葉県柏市布施新町 T様邸
■設計:石塚 妹 ■工務:瀧澤佐江子
2009住まいの手引き【関東版】
新建新聞社編集
「いいのつくり方」に、
紹介されました。

ご希望の方に、抽選で無料プレゼント致します。

応募する
お問い合わせはこちら 資料請求はこちら