人・地球に負荷を掛けない太陽光発電システム

省エネ・省資源・経済性を高め将来に安心を。
太陽光発電とシステム利用技術で家計全ての光熱費を軽減からゼロへ。
風の流れを計算。

 太陽が昇るとその電力で発電開始し、太陽が沈むと自動停止しますので、他の発電機器と違い手間がかかりません。
 太陽光発電システムは、屋根上の太陽電池モジュールで発電した後、パワーコンディショナーによって直流電気を家庭で利用できる交流電気に変換し、さまざまな電化製品に利用できるシステムです。
 これをうまく利用することにより、光熱費の削減やゼロも可能になります。

太陽光

屋根一面に設置された太陽電池モジュール。

余った電気は売電。

 昼間の余った電気を電力会社に売り、夜間や雨天には必要な分だけ電力を買う仕組みのため、大きな経済的メリットが期待できます。光熱費の大幅な削減はもちろん、上手に使用すればプラスにする事も出来ます。

蓄電
1kwあたり7万円の補助金。

 2009年1月13日から、太陽光発電を設置する個人の住まいに対して、国から1kwあたり7万円の助成を受けられることになりました。(※平成26年3月31日を以ってこの国の補助金制度は終了しました。)
 お住まいの地域によっては、さらに地方自治体の助成金制度が追加活用できます。

太陽光標準装備

太陽光発電標準装備。「ヒュウガ・エコ」

家庭発電倍額買取り

 2009年7月、経済通産省は、家庭で発電したのに使いきれなかった電気を、今の2倍の1キロワットあたり約50円で、電気会社に買取りを義務付けると発表しました。太陽光発電普及世界一ドイツなどで採用された「固定価格買取制度」が10年度から日本でも導入されます。(※平成26年度の買取価格は37円/kWh)電力会社のコスト増加分は、太陽光発電設備のない家庭の電気料金にも上乗せされます。

資料請求
太陽光発電

設置の計画が無かった方も「載せて良かった。」