実物耐震実験で強さ実証。

木が持つ本来の強さをさらに高めた耐震設計。
「強さ」と「耐久性」安心・安全品質へのこだわり。
実大耐震実験で強さを証明。

 阪神淡路大震災の818ガル、新潟県中越地震川口町の2036ガル、同じく小千谷市で記録した1314ガルなど、震度7クラスの巨大地震を再現した実大耐震実験で、その強さを実証したジャーブネットの新世代ハウス。2007年の能登半島地震においても、全半壊ゼロを確認するなど、新世代ハウス(高性能基準)は極めて高い耐震性能を実証した、安心の住まいです。

耐震実験

本物の家で実験。ビクともしない頑強な住まいを実証。

住宅性能表示6項目で最高等級。

 住宅性能表示制度は、これまでわかりにくかった住宅の性能を共通のものさしで客観的に評価・比較できるよう定められた制度。この中で、ジャーブネットの新世代ハウス(高性能基準)の標準的仕様は、「耐震等級」をはじめ「耐風等級」、「劣化対策等級」、「維持管理対策等級」、「ホルムアルデヒド対策等級」など、6項目で最高等級に対応。地震や劣化に強い住まいを実現しています。

基準を上回る耐震

全ての項目において建築基準を上回ります。

全棟構造計算を実施。

 3階建てを除いて、一般の木造住宅では、構造計算はほとんど行われません。しかし、CLE総合研究所では、住宅の規模・階層に関わらず許容応力度設計法による構造計算を行います。部材について、地震力や風圧力への検討を行います。
 構造計算を行うことで、全ての構造部材にかかる力が詳細に分かることから、自由度が高く、より安定した住まいをつくることができます。

構造チェック

専門技術者が構造をチェック。

バランスよく「筋かい」を配置。

 「筋かい」は、構造体の耐震性を強める効果があり、建築基準法では一定の割合で「筋かい」を使用することが義務づけられてます。
 CLEの住まいでは、バランス良く「筋かい」を配置し、さらに耐震性を高めています。必要な場所に必要な数だけ設置することにより、住まいの自由度を広げます。

筋交い

建物とのバランスを考え配置された襷掛け筋かい