sss

一棟一棟、感動のドラマがある。

出会い、共につくり上げるから「感動」も厚い。
自然とのつながりを感じながら、家族のつながりを大切にしたい・・・。
想いを託せるCLEの設計。

 私たち家族が住み替えを考えた時、静かな環境で、自分たちのライフワークを思う存分楽しめる住環境を、想う通りにつくりたいと思いました。CLEさんの設計理念と、外部の自然環境、景観を取り込む実績に、「ここなら私たちの想いを実現してくれる。」と思いました。アトリエやバラを育てる広い庭など、私たちの気持ちが詰まった住まいとなりました。

模型1

多角的視点で住まいと住まう人の生活を見つめる。

機能とプライバシー保護を両立。

 敷地ラインから、建物を斜めに振ることで、南側の開口部が全面真南を向くようになりました。また、斜めに振ることで、近隣から視線も避けられる結果を得ることができました。機能性と充実させながら、自分たちにも、近隣にも配慮した住まいとなりました。

模型2

南側には広い庭も実現。初夏には薔薇が咲き乱れる。

こだわった収納スペース。

 絵画や食器類など、いかに効果的に収納できるかが大きなポイントでした。日常の生活を快適に過ごすためにも、収納と生活スペースとの兼ね合いを考えながら設計しました。

パントリー

食器の数や大きさに合わせてつくった造作食器棚。

朝から晩までずっと陽を浴びる。

 佐野さんから提案された、南側をR型にした設計。朝、太陽が出てから、夕方、陽が沈むまで、そのRに沿って太陽が動きます。おかげで、1日中お日様があたるとても明るい環境になりました。明るさは、心に安心感をもたらしてくれます。

R型構造

木造住宅では難しいとされるR型構造。