自然と溶け合う家。

「地域・社会」…公共性を大切にする
豊かさは、地域の環境と融合し周辺の自然環境を取り込み生まれる。
環境と街並みを変える移ろい。

 四季折々の樹木を住まい周辺に配置しました。春には梅や桜、初夏には薔薇、秋にはもみじが紅葉します。四季の移ろいを視覚で感じ取れる環境は、街並みや「心」を変える力を持ちます。

ミカンの木

冬にはミカンが色づき、味覚を教えてくれます。

豊かさは地域との連続性。

 地域の自然環境とのつながりを持つ空間と、周辺への溶け込みが、住まいの可能性と豊かさを高めます。

自然との融合

周辺の自然環境との融合。

家族感を大切にした庭。

 自然環境と家族環境という2つの環境が融合する空間は、外部と内部の関係を太くし、社会と繋がり、地域との繋がり、家族との繋がりを深くしてくれます。

ウッドデッキ

ウッドデッキから各室に入ることができます。

町のシンボルに。

 1棟の住まいから、地域の特性を築きます。仕事から帰ってきた時や旅行から帰ってきた時、10年後20年後に訪ねた時、記憶に残る環境が、人の心に染み込みます。

木

夜には樹木に照明があたり、周辺に安心を与えます。