流山市、野田市、柏市を拠点に土地探しから注文住宅まであなたの住環境をつくります



水と住まい

水>ガソリンの方程式

普段、何気なく買っているミネラルウォーター、実はガソリンよりも高いって知っていましたか?

生活排水の汚染の深刻化

地球は「水の星」と呼ばれていますが、実は私たちが利用できる水の量というのは全体のたった0.01%ほどです。 その貴重な水を汚す大きな原因のひとつは「生活排水」なのです。 生活排水とは、台所や風呂、トイレなどの日常生活からの排水のことです。 1日に使う水の量は1人あたり、250リットルにものぼります。

わたしたちにできること

水質汚染の約70%が生活雑排水といわれています。わたしたちが身近にできることは何なのでしょうか。

  • 食事は必要な分だけつくり、飲物は飲みきれる分だけ注ぐ
  • 残った油は炒め物などに使い、もし捨てる場合は古紙などに吸収させてから捨てる
  • 米のとぎ汁は植木の庭に肥料として利用する
  • 洗濯の洗剤使用量をできるだけ減らす
  • 洗濯機にゴミ取りネットをつけて、細かいゴミを流さない
  • シャンプー、リンスなどの使用量を減らす
  • 入浴剤の使用回数を減らす

変えないと

私たちが出す生活排水によって、環境にさまざまな影響を及ぼします。 更に水をきれいにする浄化槽も生活排水によって影響を受けます。 浄化槽の側溝から臭いがしたり、ハエや蚊が発生したり、 ヘドロが河川に流れ出たりすることで、水が汚れてしまいます。 また、水が変わると水質が変わってしまい、生き物が住みにくい環境になってしまいます。 その為、水の中の生物を食べている動物や鳥の数も減ってしまいます。 プランクトンが大量に発生して、水の色が変わって見える現象のことで、「栄養」がふえすぎた夏の海や湖でおこりやすく、 たくさんの魚や貝が死んでしまうこと危険性もあります。 身近なことから、生活排水を見直す必要があります。

ページ
トップ